RISU中学受験基礎で中学受験可能?
Preceptor|医学部生限定家庭教師マッチングサイトの生徒登録

【RISU算数】中学受験基礎クラスで中学受験できる?

RISU算数には「中学受験基礎クラス」というコースが用意されています。

このRISUの中学受験基礎クラスで中学受験が戦えるのか気になりませんか?

 

結論からいうと、RISUの中学受験基礎クラスだけでは中学受験の算数には足りません。

 

じゃあ、中学受験に少しも役立たないのかというとそんなことはないんです。

むしろ、結構役に立つんじゃないかと思っています

 

ではこの中学受験基礎クラスをどんなふうに中学受験に活かすのか

そこのところを、娘の中学受験を終了し、現在息子の中学受験絶賛伴走中でRISU算数経験者の母の考えを書いてみたいと思います。

参考になれば嬉しいです♪

 

クーポンでお試し可能

RISU算数を1週間お試しする

クーポンコード「jju07a」を入力してください。

 

RISU算数の中学受験基礎クラス(アドバンスモード)は中学受験に役立つ?

RISU算数の中学受験基礎クラスが中学受験に役立つか立たないか、でいうと私は

役に立つと思っています。

 

ただし、入塾前、できれば3年生までに、遅くとも4年生までに取り組むことが必要かなと思います。

 

すたでぃ
すたでぃ
入塾の準備に最適だよ!

 

入塾前に取り組むことでどう中学受験に役立つのかというと

  • 入塾直後は間違いなくアドバンテージあり
  • スタートダッシュを決めることが子供のやる気維持につながる

 

この2つです。

 

では具体的に中学受験基礎クラスがどう役立つかみていきます。

 

メモ

中学受験基礎クラスは、RISU算数の通常コース(小学6年までの算数)を修了すると解放されるステージです。

 

RISU算数の中学受験基礎クラスが中学受験にどう役立つ?

  1. 入塾時聞いたことない算数にびっくりしない(親がw)
  2. 小学校ではほとんど習わない中受ならではの算数が先取りできる
  3. 文章題に慣れる
  4. 解説を見て自力で解いていくスタイルが予習シリーズと似ている
  5. 解きながら実践を通して解法を理解していくスタイルがサピックスのテキストと似ている(かも?)

聞いたことない中学受験の特殊算にびっくりしない

すでに上でも述べましたが、中学受験の算数はとても特殊です。

数学を使えば簡単にとける問題を、小学生の知識だけで解くために様々な工夫をして解きます

 

すたでぃ
すたでぃ
だから大人には余計難しい!

 

そして変な名前が付けられた単元。

塾に入ったらまず親がたまげるんですよね。

 

何これ、流水算て!??聞いたことありませんけど!?

って笑。

 

まず最初のステップとして、「きいたことねー」な衝撃が和らげられます。

 

つまり親子とも、塾でどんなことを勉強するのかある程度事前に知ることが出来るのです。

それってかなり有利だと思いませんか?

勉強に限らず、どんなことでもこれから何が起こるのか分からないところに放り込まれたら、大人だって不安で仕方ないです。

 

すたでぃ
すたでぃ

塾って見学もできないし、いったいどんなことやってるのかなかなかわからないんだよね。

 

入塾前に中学受験算数を先取りできる

事前に知るだけでなく、実際問題を解いていくので、しっかり先取りができるでしょう。

 

RISU算数は小学6年までの算数をやる気になれば1年で学習し終えられます。

だから早いうちから中学受験塾でやる内容まで進んでおくことが可能です。

 

入塾前の3年生までに中受の算数のさわりだけでも解けるようになっておくことはかなりのアドバンテージになると思います。

 

中学受験塾には4年生から6年生までの3年間通って、中学受験の準備をします。

塾の4年は小学校の3年生の2月からスタート。

これは入試が2月だから、そこから逆算しての3年間、になるためです。

 

つまりまだ3年生のうちに中学受験の勉強を始めるのです。

 

息子は4年のスタート時(小3の2月)に合わせて入塾しましたが、すこしだけ1月の授業にも参加させてもらえました。

その当時すでに「和差算」をやっていてました。

もともと塾の3年に在籍している子たちの中に入っていくので、気後れしないかと思って、家で教えてから送り出したのを覚えています。

そのおかげで息子は授業で発言して問題が解けたらしく、とっても自信になったようでした。

 

すたでぃ
すたでぃ
ちなみに和差算は四則演算さえできれば解けるので割と早い段階で習います。

 

その時のことを思うと、入塾前に大人も聞いたことなくて家で教えてあげようにも予習が必要、といった中受の特殊な算数を先取りできているというのは入塾してからのお子さんの自信につながると思うのです。

私のブログではよく書いていることですが、小学生の学力なんてそうそう違いはありません。

ほんの小さなきっかけでやる気に火がついたり、自信つながったりするものだし、またその逆もしかりです。

だから周りの大人がどう環境を整えて誘導するかが、本当に大きく影響します。

 

最初のスタートダッシュをきれること、それがモチベーションを維持につながること

このふたつはかなり大きなメリットです。

 

算数の文章題に慣れる

RISUはアドバンスモードに入る前の小6までの算数でも、文章をたくさん読むように作られています。

RISUの教材1学年分には、国語の教科書1年分の文章量がはいっています。

※小学1年生範囲の算数に、10,000文字を超える文章題を収録。(標準的な国語教科書1年分に相当)

引用:RISU学び相談室

 

塾の学習がRISUのメソッドと相性がいい

ご存知のようにRISU算数はタブレット教材です。

タブレットの特性を活かして、カラーのわかりやすい解説が用意されていますし、オンラインでつながっているので学習データが常に収集されています。

そして収集されたデータと、蓄積されているビッグデータに基づいて、AIが必要な解説動画を送ってきてくれたり、復習問題を送ってきたりします

 

つまり、初めての特殊な算数もとてもわかりやすいのです。

塾のテキストだと、図での説明も少しはありますが、テキストだけで子供が理解するのはなかなか難しいです。

だからこそ塾で先生が教えているわけですし。

 

四谷大塚の予習シリーズは割と解説がしっかりあって、テキストを見れば「予習」できるようになっているという評価もありますが、それでもRISUに比べたら淡泊。

サピックスに至っては、解説なんか一個もない笑。

 

でもね、サピの教材がすごいのは、問題を解いていくと自然と理解できるように作られていること

まさに子供が解きながら自分で理を理解していけるように誘導されているんです。

 

ん?

これ、RISUの問題もそうじゃない?

 

RISU算数は1年生の算数から受験基礎まで全部、問題を解きながら自分で理解できるように作られているんです!

最初は簡単すぎだろ、これ!というような問題に感じるかもしれません。

でも次つぎ問題を解き進めていくうちに、「だからそうなのか」に至る。

本当によくできているなぁと思います。

 

言葉で説明しなくても実践で理解させる、という感じです。

 

RISU算数の場合は言葉や図や動画でも説明し

さらに実践で理解させる

 

その単元での考え方や解き方の丁寧な説明

実践で自然と子供が発見し理解していくシステム

両方あるのです。

 

中学受験の特殊算は、塾技で「文章題」に分類されているくらい、問題文が長い。

条件がたくさん出てくるので、よく読んで整理しなくてはいけません。

 

文字という記号でたくさん条件が説明されていても、やっぱりそれを一発で理解するのはイメージ。

私は息子にその状況を絵にしてみないとダメだと、常々言っています。

 

だから最初の解説部分ではカラーの図があることで、ぐっとわかりやすくなります。

そして、解説を見た後は、実際問題を段階的に解きながら理解に導いていくスタイル。

 

このRISUのやり方が、公式を覚えてしまって数値を当てはめて解いていくのでは対応しきれない、思考力を求められる中学受験にぴったりだと思うんです。

サピックスも中学受験でトップを独走中ですし。

 

サピックスへの入塾を考えている方にもスタイルが似ているのでいいかもしれません。少なくとも最初の方は。

 

クーポンコードでお試し利用可能!

RISU算数を1週間試してみる

※クーポンコード「jju07a」をご記入ください

 

中学受験基礎クラスの学習内容は塾で通用する?

では、RISUの中学受験基礎クラスをやったら、塾で通用するほどマスターできるのか、という話です。

 

直接的に役立つほどではない

冒頭でもふれましたが、RISUの中学受験基礎クラスだけで中学受験の算数をマスターすることは無理です。

それは想像に難くないとは思います。

 

塾の内容の「先取り」や「基礎に触れる」という意味では非常に価値のある内容ですが、あくまで対応できるのは塾の初期になると思います。

 

本格的な塾の内容までとなると、それはもう塾いかないとどっちみちダメです。

中学受験やるなら塾なしなんて普通はありえませんから。(中には塾なしで成し遂げるご家庭ももちろんあります!一応。)

 

あの桜井さんだって、最初から塾なしでお嬢さんを中学受験に挑ませようなんて思っていたわけじゃありませんしね。

そういう状況になってしまって仕方なく自宅で取り組んだ、と本人が書いています。

 

 

でも中学受験勉強をする上でのメリットはある!

それでも、塾で習う算数の基本の部分はわかる状態に準備しておくことは可能です。

 

直接学習内容で先取りして役立つという意味では、最初だけかもしれませんが

最初が肝心のです!

 

上にも書いた通り、良いスタートが切れれば、「できる」→「楽しい」となり、その後の塾生活が楽しくなるでしょう。

 

中学受験はかなり特殊な世界です。

まだ幼い小学生が3年もかけて取り組む中学受験、学習の習慣づくりが肝のひとつになります。

 

楽しければ勉強するから成績も上がると思います。

メンタル面が実際の成果に関係するのは大人も子供も同じです。

子供の場合は、自分でコントロールするのが難しいので、周りの大人がなんとか励ましたり持ち上げたりしようとするじゃないですか。

 

スタートダッシュをうまく切らせてあげることは、子供にとっては大人の場合より非常に効果が大きいのではないでしょうか。

 

RISU算数の中学受験基礎クラス(アドバンスモード)の効果的な使い方

もちろんRISU算数の「中学受験基礎クラス」の内容だけでは中学受験は到底戦えません。

 

しかし、私がそうだったように初めて中学受験を経験する人にとっては、親も子も初めて聞くような解き方ばかり。

すこしでも基本がわかっていれば、へんてこな名前の特殊算にうろたえることなく笑、中学受験塾での学習でアドバンテージを得ることが出来ます!

 

低学年のうちに基礎をマスター!

中学受験基礎クラスに取り組むということは、RISUの通常コースも終了しているということになります。

これが重要で、算数でまんべんなく基礎体力を養っていることが、中学受験の勉強をする上でどれほど大切か、娘と息子の受験を経験して実感しています。

 

とにかく、RISUの通常コースを低学年のうちにやってしまいましょう!

そうしたら苦手を作らせることなく、小学校の算数をマスターできます。

 

入塾前か4年のうちに中学受験基礎クラスで受験算数に触れておく

出来れば入塾前の3年生のうちに、RISUの中学受験基礎クラスに進めておくことで、塾での勉強がかなりスムーズになるはずです。

また、塾の4年生の初期のころの内容は盛り込まれていますので、塾の学習の確認や苦手をつぶしておくためにも使えるでしょう。

 

RISU算数の中学受験基礎クラスも、RISUのカラフルな例題解きながら理解させるやり方が採用されているので、楽しく理解していけるようになっています。

 

すたでぃ
すたでぃ
塾の4年生は、小学校の3年の2月に始まるので注意してね!

 

得意な単元や苦手な単元を事前に把握する

RISU算数の中学受験基礎クラスでは12のステージが用意されています。

 

中学受験基礎クラスの詳しい内容はコチラ>

中学受験基礎コースってどう?
【RISU算数】中学受験基礎クラスの内容や料金、受講方法

RISU算数には小学校で習う算数を一通り終えると、アドバンスモードというものが用意されています。 このアドバンスモードは、「中学受験基礎クラス」のことで、中学受験特有の特殊算などの基礎が学べるコースに ...

続きを見る

 

基礎と言える範囲で、まんべんなく重要な単元が選ばれているので、お子さんがこれから塾の算数をやるときにどの単元が好きどの単元が苦手かというところも、判断する材料になりうると思われます。

 

入塾してから観察するとなると、一通り学習してテストを受けて苦手や抜け落ちている部分を見つけるような流れになるかと思ます。

それよりもずっと先に得意や苦手を把握することが出来るのも、塾での学習に有利になると思います。

 

それに、RISUなら一つ一つクリアしてから先に進む仕組みなので、穴ができにくくなっています。

 

すたでぃ
すたでぃ
「算数で苦手をつくらせない」がRISUだからね!

 

入塾前ならベター

上で述べてきたことからも、RISU算数の通常コースだけでなく、中学受験基礎クラスも

入塾前(3年のうち)

に取り組めればその効果を最大限に引き出せると思います。

 

RISU算数の中学受験基礎なら、入塾前に取り組んでもしっかり理解できるように作られているので早めに取り組んでも大丈夫!

6年までの算数の内容を終えてからしか解放されないステージなので、基礎がしっかりあって理解する準備ができているなので問題ないはずです。

 

もちろんうちの子みたいに4年でスタートしても、全く手遅れというわけではありません。

あくまでそのほうがより効果的という話です。

 

結論:活かし方で中学受験基礎クラスは中受に役立たせることが出来る

RISU算数の中学受験基礎クラスで中学受験の内容をマスターできるか、というとそれは無理です。

でも、将来中学受験を考えている方が入塾後学習を有利に進めていくことは可能だと思っています。

 

私がそう考える理由は次の通りです。

  1. 学習内容に、中学受験で大事な基礎が広くカバーされている
  2. 重要な単元(割合や規則性)の原理の理解を助ける図解が豊富
  3. 特殊算を先取りできる(図解も役立つ)

 

中学受験基礎クラスで選ばれている単元が本当に絶妙なんです。

割合場合の数などその後にずっと発展的に学んでいく内容の基礎も含まれていて、ここで基礎の基礎をしっかりおさえておくことはかなり重要なのです。

しっかり定着させるには、理解度回数が大事なので、RISUの中学受験基礎クラスで最初の数回分を稼いでおけるのは必ず後から効いてきます

 

中学受験の算数は大人でも頭を悩ますほど難しい問題もたくさん出てきます。

単に解法や公式の暗記では太刀打ちできなくなります。

 

だからこそ根本的なところからの理解や、もっというとお子さんの数への興味みたいなものがはぐくめるチャンスは大事するといいと思います。

 

中学受験、親からすると胃が痛い思いもいっぱいするし、やたらお金かかるし、つらい思い出も多いなんて方も多いんじゃないかと思います。

でも中学受験準備で学習することって、本当におもしろくて、結果がどうであれ3年もかけてあんなおもしろいことを学べるって、絶対賢くなるし、蓄積になるし、素晴らしい経験だと思います!

 

その一生で一度の貴重な経験を、どうせなら我が子が楽しいと思って取り組んでくれたらそんないいことはないですよね!

 

なんか中受の話になっちゃったけど、まとめると

RISU算数の中学受験基礎クラス、そのままで受験には使えないけど、その後受験算数を学習する礎としては役立たせることは可能です!

最大限に引き出すなら、通常コース同様3年生までに取り組めるといいと思います!

 

クーポンコードがあればお試し利用可!

RISU算数を1週間お試しする

※クーポンコード「jju07a」をご記入ください

 

╲未就学のお子さんはこちら/

RISUきっずをお試しする

※クーポンコード「jju07a」をご記入ください

 

これで損しない!RISU算数をお得に利用する方法もチェック>

RISU算数の料金体系
【2022年版】RISU算数の公式よりわかりやすい料金体系とお得な利用法

多々あるタブレット教材のなかでも、算数に特化し、AIを駆使して個人に最適化してくれる、ちょっと他とは違うRISU算数(リス算数)。 我が家でも子供だけでなく、親の私自身も問題を解いてみて間違いなく「算 ...

続きを見る

ブログ村

中受ログ -目指せ難関校- - にほんブログ村

◆スマイルゼミ◆無学年制コアトレも追加になった!

-RISU算数(リス算数), 中学受験
-, , , ,

© 2022 中受ログ-目指せ難関校- Powered by AFFINGER5